自発的治癒


「癒す心、治る力」を読みました。とてもよかった。 最近「HEAL」という映画も話題になったけれど、これも「自発的治癒」の働きについて、詳しく書かれたもの。とても、網羅的。

「治療は外から施されるもの、治癒は内側から起こるもの」人間には治癒の機能が備わっている!いろんなレベルで。


小さなことだけど、いま風邪が治っていく過程にいて、日々少しずつ、咳がおさまり、胸の痛みが消え、咳の質が変わり、呼吸が広がっていくのを実感していて、治癒のちからに改めて感動してます。薬を飲まないと、それが分かるのが面白い。からだはすごい。本当に感謝。


治癒に関わることとして、食べ物、有害物質を避けること、サプリメント、運動、呼吸、信念、思考、イメージ、、様々なことが記されていて、瞑想やボディワークも紹介されているのだけど、印象に残ったのは、本人の意識の影響に加えて、治療や治癒に関わる人が「必ず治る」と信じていることの重要性。


わたしはリラクゼーションや瞑想の分かち合いとしてタッチをしているけれど、副産物として治癒のちからを活性化することになっている、と感じている。そのとき、治癒の力を本気で信じていること、症状や問題に目を奪われず、健やかさや治癒のちからに意識を向けていることってやっぱり大事なんだ、大事にしたい、と改めて思ったのでした。


#自発的治癒

#アンドルー・ワイル




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示